楽しいことを全力に!

アニメ、ブログ、働き方について書きます。

(ブログ)実際にキーワード選定で検索上位を狙ってみたよ!!

f:id:katagirigiri:20170129193617j:plain

前回キーワード選定の記事が好評だったので、今回もキーワード選定に関する記事を詳しく書いていきたいと思います。

今回は、タイトルに書いてある通り実際に検索キーワードについて調べてみたいと思います。

 どうやったら google で上位表示させることが自分なりに確立してきたので、説明させてもらいます。

スポンサードリンク

検索上位を狙う!ためのツール

まず、キーワード選定から

ブログのタイトルのキーワードが重要になってきます。

キーワード選定するのに必要なツール

 

googleYahoo!検索エンジン

検索エンジンで上位表示しているライバルの記事の質など状況把握のために使用する。

 

・goodkeyword

グットキーワードは、メインキーワード+複合キーワードの選定する時の参考に使用する。

f:id:katagirigiri:20170129184308p:plain

 

・キーワードプランナー

検索ユーザーが、どのくらいの検索需要があるかの確認のために使用する。

f:id:katagirigiri:20170124210800p:plain

スポンサードリンク

検索上位を狙う目的!

検索上位表示を狙う目的をしっかりと把握しておこう。

なぜ、検索上位を狙うのか?

検索上位表示をさせる目的

・記事の延命。(PV)

 

・集客するため。(お金?など)

 

記事の延命(PV)とは、キーワード選定していない記事は消耗記事だ。

実際に自分がブログを運営していてそう感じた。

キーワード選定が、適当=上表示されない。

はてなブログであれば、読者さんなどしか見ないというわけだ。

そのためにもキーワード選定をしっかりと意識してする必要がある。

 

集客するため。(お金?など)とは、検索上位に表示させることによってブログに集客することが出来る。

その集客からお金を生み出すことが出来る。

簡単な収益が発生させることのできるGoogleアドセンスなど。

上位表示して検索ユーザーにあった回答をすれば、クリック率も上がる。

そうすれば、収益も上がるというわけだ。

スポンサードリンク

検索上位を狙う手順!

実際にやっていることを書いていきます。

上位表示するための手順

1、キーワードプランナーを使って書きたいキーワードを入力。

キーワードプランナーを使う理由は、上記でも説明しましたが検索需要がどのくらいあるのかということを知るため。

Googleアドセンスの収益がメインなので、なるべく多くの集客が欲しい。

 

2、GoogleYahoo!検索をしてみて、上位3位までのライバルが弱ければ記事を作成する。

もし、ライバルが質のいい記事を書いていたら違うキーワード狙う。

それかメインキーワード+関連キーワードで、ライバルが弱いキーワードを探す。

だが、ライバルが弱いところばかり探していると検索需要が無かったりするので注意。

 

この1、2の順番で普段は、キーワード選定しました。

検索上位を狙うぞ!

では、今回実際一時を記事を作成して検索上位に表示するのか検証したので

見てみましょう!

今回選んだキーワードは、

バカが頭良くなる方法

を選定し上位表示のために狙って見ました。

実際に上位表示されているかの確認をしてみましょう!

ちなみに正確な上位表示を把握するには、シークレットウィンドウを開くで

シークレットウィンドウを使用してください。

f:id:katagirigiri:20170129191451p:plain

 

シークレットウィンドウでバカが頭良くなる方法と検索。

上位2番目に表示されています。

f:id:katagirigiri:20170129191816p:plain

その記事は、これ↓

www.katagirigirito-ku.net

検索上位を狙うことのメリットとは?

上位表示させることによって長期間記事が読まれ続けるため pv が高くなる。

集客もできているため収益をあげることも可能になる。

だが、注意してほしい!!

勘のいい人は気づいていると思うが、

集客出来たところで、お金になるかは別!

読者さん「は!収益になるって言ったじゃん!!」

Googleアドセンスの収益なんてサーバーレンタル代を支払うぐらいの収益でしかないです。

読者さん「じゃあ、どうやって稼ぐの!!」

 

 また、後日改めて説明しまーす!

スポンサードリンク

さいごに

今回はざっくりとキーワード選定、ライバルの確認、実際どうだったのかという流れを説明させていただきました。

だいたい記事制作の流れが分かったのではないでしょうか。

このキーワード選定の一番の目的は、長期間の記事が読まれるためにしてるんです。

なので、購読者寄りの記事ではなくて検索ユーザーよりの記事になってしまうんです。そうすると購読者にとっては読みごたえのない記事になってしまう。

なので、僕はワールドプレスの方でアフィリエイト活動をガシガシ遂行中です。