読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいことを全力に!

アニメ、ブログ、働き方について書きます。

イラスト、文章はどんどん人に見せるべき!アウトプットしようぜ!

 

f:id:katagirigiri:20161225123212j:plain

Twitterを見ていたらこんな言葉をにしました。

 

スポンサードリンク

僕も見せることのメリットは多くあると思うんですよね。

見せることによって 多くの人に評価してもらえる機会が増えるんですよ。

良い評価をされたり悪い評価をされる ことが多くなると思うんですね。

そうすると、どのぐらいのクオリティだったら人に評価されるのかっていう感覚が身に着くと思うんですよ。

下手くそなうちに誰にも見せたくないっていうのは分かるんですけど

やっぱりそれだと一向に上手にならないと思います。

見せないと自分のモチベーションもちろん上がらないですし、何をやってるのかが分からなくなると思うんですよね。

自己満ではなくて本気でやろうとしてるのだったらやはり多くの人に見せるべき

それはスベってもいいんですよ。

自分が一生懸命やってスベったとしても なぜすべっとかって言う原因が分かるじゃないですか。

それで多くのことを学べると思うんですね、

だから僕は、兼好法師が語ったこの言葉は、その通りだと思ってます。

下手くそなうちに見せる。

そうすることによって多くのメリットもあるんですね

例えば、今だったら twitter、ブログ などで発信していればいろんな人からアドバイスを聞くことができます。

それは自分からではなくて相手から助言してくれることも多いんですね。

そう考えるとやっぱり上手になってからとかっていうのは、非効率なんですよね。

とりあえずやってみるやりながら改善していく、そういったことのほうが僕は重要なんじゃないかなと思っています。

なんかやってんな。ってアピールする。

上達していく姿を見てくれてる人がファンになってくれる。

やっぱり頑張ろうとしていると周りの人って結構見てくれたりするんですよね。

それは自分のアピールももちろん大事なんですけど

何かやってんなっていうの相手に認識させる事ってすごく大事だと思うんですよ

下手くそでも自分の中でビジョンを持ってけばいいですよ。

俺はここまでやるんだ、こうするんだっていう明確なビジョン。

その目標を達成するために今スベっているのであれば

スベっていることは、価値になる。

別にそれが成功するとか成功しないとかっての関係ないと思うんですね。

僕がやってるのは長い目を見たらすごく重要なことだと思うんですよ。

ブログ、 twitter などで発信をし続けることは、自分がここにいますよっていうアピールになると思うんですよ。

そして下手くそなうちから俺はここにいるんだ、下手くそだけど頑張ってるんだというのをアピールしていると上手になった時にきっと皆さんは応援してくれると思うんですよね。

スポンサードリンク

見せないと批判されない。

見せないとやっぱ批判されないんですよね。

それってどういうことかって言うとやっぱり悔しい思いしないんですよ。

けなされたり、馬鹿にされたりとかしないと思うんですね。

なんか歯を食いしばって頑張りたいとかっていうのは、ないんじゃないかなって思うんですよ。

誰か見返したいとかって

結構重要なことなんじゃないかなって思うんですね。

自分が楽しいから頑張ってやってるそんな人ってごく一部だと思うんですよね。

大体の人が見返したいとかで頑張りだす人が多いと思うんですよね。

ネットなんか顔見えてないんだからどんどんアウトプットしちゃえばいいのに

実際に顔出してない人のが多いですよね。

それだったら別に恥ずかしがる事ってないじゃないですか。

失敗したとしてもネットに存在するもう一人の自分であって、現実の自分が失敗してるって訳ではないんですよ。

本当に誠意を尽くして行動していれば、少しの失敗ぐらいで信頼を損ねるってことはそんなないと思うんですよね。

世界中に人はたくさんいますよ。

10人に嫌われても100人から好かれた方がいいんじゃないですかね。

最小限の力で突破できる。

見せることによって最小限の力で突破することできると思うんですよね。

それはどういうことかっていうと 例えばプロブロガーで食べたいとすれば

1年間ブログのことに関して勉強して、ブログの書く内容を 探してからブログを始めるという人は、相当な時間かかると思うんですよ。

そうではなくて、今インプットした情報をすぐアウトプットする。

それはとても重要なことだと思うんですね。

記事にあまり時間を掛けていないが意外と評価が良かったりとかあるんですよね。

多少知識を持ってる人がブログを始める。

1年前からブログを書き続けて知名度のある人。

どちらのブログの方が記事の見てくれる人が多いでしょうか?

後者の方が読んでくれる人は、圧倒的に多いですよね。

いくらいい記事を書いたとしても見られてなければ意味がないんですよ。

そして1年前からブログを書いてる人は、どうやったら相手が見てくれるか、どんな情報を知りたいかというのを研究しながら書いてると思うんですね。

そうするとブログを書いてないでブログのことを勉強している人は、1年前からブログを書き続けながら勉強している人の差は、圧倒的だと思うんですね。

スポンサードリンク

さいごに

下手でもいいから見せようよ。

意外とあなたの技術が評価されたりとかするんですよね。

やっぱりもったいないですよ。

僕の周りにもいるんですけど、技術を持っているのにアウトプットの仕方が下手くそすぎる。

僕は、元美容師なんですけど美容師の人とかは特にそう思いますね。

美容師の人達ってめちゃくちゃ練習、勉強してるんですよ。

それなのにアウトプットの仕方が下手くそすぎる。

もったいない事をなるべくしないように、下手でもいいからアウトプットをするべきだと僕は思います。